伊丹せいやのキャッチーで寝不足

伊丹せいやのキャッチーで寝不足

1stアルバム「げんげえむ」リリースしました

美しい精神でありたい

ちょっとの事で、すぐ傷付くからビビる

メンタルは強い部分と、めちゃめちゃ弱いツボみたいな所がある気がする

と俺が思うという事は、当然逆もあるわけで

知らぬ間に傷付けながら生きてきてるんだろうなぁ

人の心は一生分からない。想像しかできない。その想像をしてる事も伝わらない

 

悩みなんて、10代で止まるどころか

年々悩み深くなってる。それが精神の成長というなら、ずっと成長してる事になるけど

現実にコミットする時には、まるで役に立たないし逆効果

思考停止技術みたいな物も身につけるべきだと思う。いかに眼をつむるか(笑)

悩みは慢性化するというか、永久に悩んでいられる自信がある。

大半は、ただループしてるだけなんだけど

ちょっとでも行動起こせば、認識が変わる

まぁそんな事は分かってて、好きで悩んでるんだけどね

 

美しい精神でありたいとタイトルに書いたけど、美しい精神ってどんな精神だろうな

白いのか青いのか。外見に変化は出るのか

人前では気難しくて面倒くさい部分は出さずにいたいとは一応思ってるけど

退屈しちゃったらもうアウトだよね。帰ってこれない

 

絶対的に美しい精神というのは無くて、人と人との相性だけがある気もする

オーラなんか見えないし。もし見えてたら、感情が通じ合うなら、そもそも会話がいらないのでは。それもそれで退屈(?)

欲望にも「美しい欲望」と「汚い欲望」があるかもしれない

「プライドの高さ」は格好いいけど、「面倒臭さ」と両立するかも。周囲からすれば

基準を自分にしか置けないから、なんともね。美しい人としか付き合わないというなら、それは差別でしょ。でも万人と仲良くやれる人なんて激レア

大なり小なり、みんな人を選んでると思うよ。じゃあ差別しない人?

うーんそれはしっくりこないなぁ。うまく言えないけど

とりあえずこの辺で今日はやめておく

2月→3月

2月

結局音楽は上げれてないけど、制作自体は好調

ボーカルがだるくて、8割くらいの時に「次行こう次」とやっているから

いつまでも上がらない

もうそれなら後でまとめてミックスしようかって所。予定変更だけど

アルバム自体は後2曲作れば終わる所まで行ってる。半分以上はもう終わってる

 

3月

特に変わったことする予定は無し(笑)

2月と一緒。華麗なる現状維持でお願いします

アルバムは4月までかかりそうかな。それ終われば生活チューニング編が始まる予定

6割くらいの確率で

 

生活と仕事

特に書く事も無いのでツイッターからネタ拾ってうだうだ

 

これ、すげー分かる。若いからw

仕事に生活を合わせていくか、生活から仕事を考えるかの違いって事だけど

俺も生活から考えてる。金はいいから、時間をまずくれよって感じ

音楽に限らず「ふわっとクリエイティブな生活」がしたいからw

30年おんなじ仕事を続けられる人の方が、よっぽど狂気だと思うよ俺は

どんだけ好きなんだよっていう。それは皮肉だけど

 

過去記事


 

2月12日 夢ならば既に叶ってるんだよね

森博嗣さんの「夢の叶え方を知ってますか?」は面白くて

色々考える事が多かった

小説はほとんど読んだこと無いけど、エッセイは数冊読んだ

理系の人だから、やっぱり理屈っぽい考え方が好き

夢の叶え方を知っていますか? (朝日新書)

夢の叶え方を知っていますか? (朝日新書)

 

 

音楽を作る夢

そう、音楽を作りたかった。そういう夢を持ってた。

で、作った。出来た

夢とは本来自己満足だから、そういう意味においては、もうそこで叶ってるんだよね

出来については、確かに100%満足した曲は無いけど

でもそんな事言ってたら、死ぬまで終わらないよね。キリがない

作ること自体は好き、つか習慣。いつまでもやっていいし、いつやめてもいい状態

 

「再生されたい」とか「売りたい」というのは、他者が絡むことだから

俺のコントロールは効かない。勿論努力はするけど、決めるのは俺じゃないし

目的が違えば、作品も変わってくる

でも俺は承認欲求みたいなものは強くない方だと思う。たぶん

ツイッターもほとんど呟いてないし、森先生と同じで別に目立ちたくは無い

一人で楽しんでるだけで充分

 

お金

やっぱり全ての原因はこいつじゃないかと

こいつのために貴重な時間を売りさばく必要がある

「片一方は我慢して、片一方で好きな事やってるんだからいいじゃん・・・」とか思われそうだけど、全然良くねぇ

音楽以外でもやってみたい事は沢山あるし、人生はそんなに長くない

 

解決

まず節約かな。生活をもっと最適化しないと。今年こそ・・・腰を・・・上げたい・・・

節約のいいところは時間がかからない事、稼ぐのと違って税金が取られない事

 

最低限のお金の捻出は、とりあえず時給で働くのはやめたい

安定してる半面、伸びしろが無いのは、つまらなすぎ。

 

本について書いてたら今年の抱負みたいになったけどもw

やりたいことをやれる状態が、本来の自由

最近は、かえって音楽にしばられてる気がする。よく分からん

夢が育ってるとも、あきらめて退化してるとも言える。それもよく分からん

最初に、注意が必要なのは、「夢」のゴールが固定されていると思い込まないことだ。一度見定めた目標は不動だ、と意地を張らないほうが良い。夢に向っていく途中で、むしろ夢も自分に近づいてきてくれたら助かる、と考えれば良い(p、133)

今のペースで行けば、最初の目標にはすぐに到達しそうだ、だが、それは単なる通過点に過ぎない。次の目標へ向って、さらに突き進もう、そういうふうに考える、これも、夢を変更していることでは前項の場合と同じだ。しかし、もっと適切な表現をすれば、夢を追いながら夢を育てている、という状況だろう(p、135)

氏のブログ→店主の雑駁

2月8日 野良

名前が知られてなくても面白い事言う人は、いっぱいいる

例えばアマゾンや読書メーターのレビューとか、2ちゃんとか

知識が多い人、視点が違う人、両方すごいよね

 

当然音楽だってサウンドクラウドやBandcampとか

すごい曲を作る人は、いっぱいいる

でも名前が無いというだけで、「飲み屋で語っているだけ」になってしまう

飲み屋でも面白い話をしてる人はいっぱいいるでしょ。まぁ愚痴も多いんだろうけど

(ごめんなさい、あんまし行きません)

 

インターネットでも格差が生まれちゃうのは何だかなぁ

分散には偏りが出る。2:6:2の法則は真理だと思う

「お金」はひとつのパラメーターでしか無いんだけど、やっぱり物凄く分かりやすい

何らかの面白さを、お金につなげるのがうまい人が、少なくても資本主義では有利

別にそれを悲観してる訳じゃなくて、ただ思うだけ

 

「お金が無くても幸せ」・・・ってお金ある人が言うのと、お金ない人が言うのでは

意味や受け取り方が全然違ってくるセリフだよね

 

1月→2月

1月

特に書くこと無い

曲はラストのミックスで一旦時間を置いてるので、上げれない

たぶん3月か4月頃にまとめて上がるのかな?

 

でもホント時間がかかり過ぎてダメだな。歌モノは特に

単純に時間が質に比例するわけじゃないし

悩む時間が増えてるのか、クオリティに直結すような作業時間が増えてるのかで

意味合いが違ってくる。まぁクオリティなんて幻想だと思ってるけど

 

正月に実家帰ったけど

一人暮らしが長すぎて、家に誰かいるとホントに落ち着かないw

かえってゆっくり出来なかった。去年はもっとゆっくり出来た記憶あるんだけどな

ちゃんと年1回は帰ろうと思うけど

他人にロクだと思われるような人生を送ってないので、未だに帰りづらい

みうらじゅんさんが「後ろメタファー」と呼んでたもの

 

1月全体で言えば、あまり調子よく無かった。スロースタート

別にするつもりは無かったけど、雨みたいなもんだから

 

2月

一回ミックス放置しちゃうと、溜まる一方だから

作ったらちゃんと上げようと思う。思うだけ