伊丹せいやのキャッチーで寝不足

伊丹せいやのキャッチーで寝不足

1stアルバム「げんげえむ」リリースしました

1月28日 ポジとネガ、行動と思考、投資家目線

一月はどうしても、考え事が増える。これはホントにしょうがないでしょ

またビジネス書や啓発書を「意味ないんだけどな・・・」とか思いながら読み出してる

テーマとツイッターと読書と。そんなまとめ

 

ポジティブ&ネガティブ論争

 

これからちょっとして「WOOPの法則」という本を読んで

これは良かったし、割と使いまくってる 

成功するには ポジティブ思考を捨てなさい 願望を実行計画に変えるWOOPの法則

成功するには ポジティブ思考を捨てなさい 願望を実行計画に変えるWOOPの法則

 

 この本で俺の中のポジティブ&ネガティブ論争は一応の解決を見た(笑)

簡単に言えば、ポジティブ(願望)の後にネガティブ(障害)を浮かべて

それを解決するプランを考えなさい・・・って内容

自然にその手順を踏む人間は少ないそうです

ポジティブ思考や引き寄せは、それだけで脳が満足してしまうので

実際の行動力を奪ってしまうらしい

 

でもこれはあくまで現実にコミットするための本だから

精神世界やスピリチュアル、オカルトへの興味は失った訳じゃなくて

またどっかで復活すると思う

行動&思考

行動と思考についての腹落ち

行動する人は考えるし、考える人は行動する。これは腑に落ちた

思考って0からいきなり生まれる訳じゃなくて

ほとんど外の出来事に対しての反応だもんね

部屋の中だと同じ考えがループするだけだし

もっと行動しよう

 

投資家的思考と短期長期

僕は君たちに武器を配りたい エッセンシャル版 (講談社文庫)

僕は君たちに武器を配りたい エッセンシャル版 (講談社文庫)

 

資本主義で生き残れる6タイプというのが書いてあって

トレーダー、エキスパート、マーケター、イノベーター、リーダー、インベスターという分類。著者が投資家だから、インベスターについての説明が一つ厚い 

労働さえ無くなってくれれば、別にコモディティでも何でもいいけどね。個人的には

投資家が「お金」よりも大切にしていること (星海社新書)

投資家が「お金」よりも大切にしていること (星海社新書)

 

 この一文は我が意を得たりだった

本来「成長にかける」ことが安全で、リスクが低いのです

だから私はビジネスとして、成長株に投資しています。

理想論ではなく現実的に、大きな投資成果をあげるためには、それしか方法がないとも思っています(P211)

 そうそう、実はリスクこそノーリスクっていう

 

まぁ長期目線では、ずっといるからいいんだけど

最近は短期の楽しさが欲しいというか

うまく両立する方法は無いかな~って考えてる

寄り道してるのに未来の為になってるみたいな。もっと軽さ、気まぐれさが欲しい

 

今興味あるのは、リベラルアーツ(教養)かな

あ、音楽もちゃんとやってますよw