伊丹せいやのキャッチーで寝不足

伊丹せいやのキャッチーで寝不足

1stアルバム「げんげえむ」リリースしました

2月12日 夢ならば既に叶ってるんだよね

森博嗣さんの「夢の叶え方を知ってますか?」は面白くて

色々考える事が多かった

小説はほとんど読んだこと無いけど、エッセイは数冊読んだ

理系の人だから、やっぱり理屈っぽい考え方が好き

夢の叶え方を知っていますか? (朝日新書)

夢の叶え方を知っていますか? (朝日新書)

 

 

音楽を作る夢

そう、音楽を作りたかった。そういう夢を持ってた。

で、作った。出来た

夢とは本来自己満足だから、そういう意味においては、もうそこで叶ってるんだよね

出来については、確かに100%満足した曲は無いけど

でもそんな事言ってたら、死ぬまで終わらないよね。キリがない

作ること自体は好き、つか習慣。いつまでもやっていいし、いつやめてもいい状態

 

「再生されたい」とか「売りたい」というのは、他者が絡むことだから

俺のコントロールは効かない。勿論努力はするけど、決めるのは俺じゃないし

目的が違えば、作品も変わってくる

でも俺は承認欲求みたいなものは強くない方だと思う。たぶん

ツイッターもほとんど呟いてないし、森先生と同じで別に目立ちたくは無い

一人で楽しんでるだけで充分

 

お金

やっぱり全ての原因はこいつじゃないかと

こいつのために貴重な時間を売りさばく必要がある

「片一方は我慢して、片一方で好きな事やってるんだからいいじゃん・・・」とか思われそうだけど、全然良くねぇ

音楽以外でもやってみたい事は沢山あるし、人生はそんなに長くない

 

解決

まず節約かな。生活をもっと最適化しないと。今年こそ・・・腰を・・・上げたい・・・

節約のいいところは時間がかからない事、稼ぐのと違って税金が取られない事

 

最低限のお金の捻出は、とりあえず時給で働くのはやめたい

安定してる半面、伸びしろが無いのは、つまらなすぎ。

 

本について書いてたら今年の抱負みたいになったけどもw

やりたいことをやれる状態が、本来の自由

最近は、かえって音楽にしばられてる気がする。よく分からん

夢が育ってるとも、あきらめて退化してるとも言える。それもよく分からん

最初に、注意が必要なのは、「夢」のゴールが固定されていると思い込まないことだ。一度見定めた目標は不動だ、と意地を張らないほうが良い。夢に向っていく途中で、むしろ夢も自分に近づいてきてくれたら助かる、と考えれば良い(p、133)

今のペースで行けば、最初の目標にはすぐに到達しそうだ、だが、それは単なる通過点に過ぎない。次の目標へ向って、さらに突き進もう、そういうふうに考える、これも、夢を変更していることでは前項の場合と同じだ。しかし、もっと適切な表現をすれば、夢を追いながら夢を育てている、という状況だろう(p、135)

氏のブログ→店主の雑駁

2月8日 野良

名前が知られてなくても面白い事言う人は、いっぱいいる

例えばアマゾンや読書メーターのレビューとか、2ちゃんとか

知識が多い人、視点が違う人、両方すごいよね

 

当然音楽だってサウンドクラウドやBandcampとか

すごい曲を作る人は、いっぱいいる

でも名前が無いというだけで、「飲み屋で語っているだけ」になってしまう

飲み屋でも面白い話をしてる人はいっぱいいるでしょ。まぁ愚痴も多いんだろうけど

(ごめんなさい、あんまし行きません)

 

インターネットでも格差が生まれちゃうのは何だかなぁ

分散には偏りが出る。2:6:2の法則は真理だと思う

「お金」はひとつのパラメーターでしか無いんだけど、やっぱり物凄く分かりやすい

何らかの面白さを、お金につなげるのがうまい人が、少なくても資本主義では有利

別にそれを悲観してる訳じゃなくて、ただ思うだけ

 

「お金が無くても幸せ」・・・ってお金ある人が言うのと、お金ない人が言うのでは

意味や受け取り方が全然違ってくるセリフだよね

 

1月→2月

1月

特に書くこと無い

曲はラストのミックスで一旦時間を置いてるので、上げれない

たぶん3月か4月頃にまとめて上がるのかな?

 

でもホント時間がかかり過ぎてダメだな。歌モノは特に

単純に時間が質に比例するわけじゃないし

悩む時間が増えてるのか、クオリティに直結すような作業時間が増えてるのかで

意味合いが違ってくる。まぁクオリティなんて幻想だと思ってるけど

 

正月に実家帰ったけど

一人暮らしが長すぎて、家に誰かいるとホントに落ち着かないw

かえってゆっくり出来なかった。去年はもっとゆっくり出来た記憶あるんだけどな

ちゃんと年1回は帰ろうと思うけど

他人にロクだと思われるような人生を送ってないので、未だに帰りづらい

みうらじゅんさんが「後ろメタファー」と呼んでたもの

 

1月全体で言えば、あまり調子よく無かった。スロースタート

別にするつもりは無かったけど、雨みたいなもんだから

 

2月

一回ミックス放置しちゃうと、溜まる一方だから

作ったらちゃんと上げようと思う。思うだけ

 

 


 

 

1月28日 ポジとネガ、行動と思考、投資家目線

一月はどうしても、考え事が増える。これはホントにしょうがないでしょ

またビジネス書や啓発書を「意味ないんだけどな・・・」とか思いながら読み出してる

テーマとツイッターと読書と。そんなまとめ

 

ポジティブ&ネガティブ論争

 

これからちょっとして「WOOPの法則」という本を読んで

これは良かったし、割と使いまくってる 

成功するには ポジティブ思考を捨てなさい 願望を実行計画に変えるWOOPの法則

成功するには ポジティブ思考を捨てなさい 願望を実行計画に変えるWOOPの法則

 

 この本で俺の中のポジティブ&ネガティブ論争は一応の解決を見た(笑)

簡単に言えば、ポジティブ(願望)の後にネガティブ(障害)を浮かべて

それを解決するプランを考えなさい・・・って内容

自然にその手順を踏む人間は少ないそうです

ポジティブ思考や引き寄せは、それだけで脳が満足してしまうので

実際の行動力を奪ってしまうらしい

 

でもこれはあくまで現実にコミットするための本だから

精神世界やスピリチュアル、オカルトへの興味は失った訳じゃなくて

またどっかで復活すると思う

行動&思考

行動と思考についての腹落ち

行動する人は考えるし、考える人は行動する。これは腑に落ちた

思考って0からいきなり生まれる訳じゃなくて

ほとんど外の出来事に対しての反応だもんね

部屋の中だと同じ考えがループするだけだし

もっと行動しよう

 

投資家的思考と短期長期

僕は君たちに武器を配りたい エッセンシャル版 (講談社文庫)

僕は君たちに武器を配りたい エッセンシャル版 (講談社文庫)

 

資本主義で生き残れる6タイプというのが書いてあって

トレーダー、エキスパート、マーケター、イノベーター、リーダー、インベスターという分類。著者が投資家だから、インベスターについての説明が一つ厚い 

労働さえ無くなってくれれば、別にコモディティでも何でもいいけどね。個人的には

投資家が「お金」よりも大切にしていること (星海社新書)

投資家が「お金」よりも大切にしていること (星海社新書)

 

 この一文は我が意を得たりだった

本来「成長にかける」ことが安全で、リスクが低いのです

だから私はビジネスとして、成長株に投資しています。

理想論ではなく現実的に、大きな投資成果をあげるためには、それしか方法がないとも思っています(P211)

 そうそう、実はリスクこそノーリスクっていう

 

まぁ長期目線では、ずっといるからいいんだけど

最近は短期の楽しさが欲しいというか

うまく両立する方法は無いかな~って考えてる

寄り道してるのに未来の為になってるみたいな。もっと軽さ、気まぐれさが欲しい

 

今興味あるのは、リベラルアーツ(教養)かな

あ、音楽もちゃんとやってますよw

1月25日

音楽を作るのに、自己アピールが苦手という

訳の分からん矛盾に悩んでる

だからツイッターもブログも、意識しなきゃ出来ない

見てるのは好きなのでファボの数だけは増えてく

twinavi.jp

 

俺にとっては曲を作るまでが全てで、後は知らんみたいな感じ

自己満足・・・ともちょっと違う。自己成長と言った方がまだしっくりくる

「音楽のおかげで人間的に成長した」みたいに思った事は欠片もない

リアルでも付き合いは薄いし、ネットの使い方はリアルと似てる。見てるだけw

人が嫌いというより、「自分のことで忙しい」

でもそれを劣等感みたいに感じるのは、おかしいと思う

 

ライブもしないし出来ないし、リアルで宣伝が駄目なら

ネットをうまく使わなきゃ・・・みたいな強迫観念

俺としてはどちらもしっくり来ない。でも働きたくない(笑)

むちゃくちゃ言ってるけど、ツケが来るなら来やがれ

 

明けましておめでとうございます

とりあえず予算はございません