伊丹せいやのキャッチーで寝不足

伊丹せいやのキャッチーで寝不足

1stアルバム「げんげえむ」リリースしました

3月→4月 ふわふわ

3月 未完

アルバムは未完のまま放り投げてるw

ただただ良くないね

 

曲自体は全11曲出揃ってるけど、

ただ、ミックス~マスタリングして公開して・・・の手順で死んでる

つか形式も見えてない。フィジカル作ろうかなとか思ってたけど

いつもの希望的観測すら出来ないというか・・・。期待がゼロすぎて駄目だ

ライブを最初からやらないつもりでいるし、そもそも出来ないし

それはリアルな活動といえるでしょ

代わりにネットで・・・もやって来なかったら自業自得なんだけどw

いろいろ死んでる。曲作るまでが俺のやりたい事で

その他は丸投げしたい気分だけど。

外注する金も無い。事務所も無い。で、死んでる。

まぁなんつーかね。どうしたもんかね。

ある程度こうなると分かってたけど、対策も無い。はい。お手上げ

曲自体はもう、すげーやる気。早く次の事をやりたくて仕方ないけど

でもそれは死ぬまで終わらない。生活を優先で。

落ち着けば再開する。早く落ち着きたい。

 

4月 働く

今年いっぱい何も出来ないかも知れん。さらに伸びる覚悟も出来てる

しゃーない。自分のせいや\(^o^)/

悩むのは無駄。考え事なら働いてても出来るので

とりあえずは時間をお金に代えてる訳だし。

ちょっと働くのを増やして・・・それがいつまでかかるのか。

必要な額を計算して愕然としているけども。

さてさて

死ぬほど焦ってる。こんなに焦ってるのに何も出来ない

地獄でなぜ悪いってね

www.youtube.com

 

一時期に聴きまくってた。「地獄でなぜ悪い、ホントそれなー」とか言ってw

やりすぎなアレンジ好き。ピアノ弾き過ぎでしょ

まぁ頑張ろうぜ

谷川俊太郎展(2018・3・27)

そういえばこの前「谷川俊太郎展」に行ってきた

谷川俊太郎展|東京オペラシティアートギャラリー

 

こういうイベントは行かずじまいな事が多いけど

こっちに住んでる内は積極的に行きたい。とは思ってる

制作中にあまり影響を受けるのもまずいし。と言い訳

 

一番最初のインスタレーションが良すぎて、鳥肌立ちっぱなしだった

構造的な面に共感する所があるんだろう

コーネリアスのこういう仕事好きだし、もっとやってほしい

本人もそれが分かってるから自分のアルバムは後回しにして

メタファイブとか色々やってるんだと思う

 

谷川俊太郎さんは詩集によって

書き方を極端に変えたりするから

そういうスタイル的な部分にも影響受けてる

無駄が無駄にならない理由(2018/3/24)

アルバム終盤なので、次のことを考えつつ動きはじめてる

時間がふわふわしだすので、こういう物事から物事へ移る中間の動きを「ふわふわ期」と呼んでいる。マルチタスク気味

大抵が無駄になるw

働き方とかを調整したいので、その辺をまぁ色々考えてる。

俺に出来る事なんとか何一つもないけど(自虐)

 

考えた後は動くしかない。後はやってみないと、その先が分からない状態になる

やってみる。やっぱり無理だと思う。面接などで落ちる(例えばね、)

そして無駄になる

つまり無駄を踏まないと、行き着けない場所があるので

無駄は、ある意味じゃ前提になってるとも言える

もし無駄があるなら、ずっと同じ事を考えてる状態ね

一番良いのは現状維持だけど、ジタバタしたいのが人情よねぇ

 

それでも、「Aという選択後」と「Bという選択後」の未来は2つ見れる訳じゃないから

結局正解なんてどこにもないと思う。成功も失敗も、全部幻想の中

 

美しい精神でありたい

ちょっとの事で、すぐ傷付くからビビる

メンタルは強い部分と、めちゃめちゃ弱いツボみたいな所がある気がする

と俺が思うという事は、当然逆もあるわけで

知らぬ間に傷付けながら生きてきてるんだろうなぁ

人の心は一生分からない。想像しかできない。その想像をしてる事も伝わらない

 

悩みなんて、10代で止まるどころか

年々悩み深くなってる。それが精神の成長というなら、ずっと成長してる事になるけど

現実にコミットする時には、まるで役に立たないし逆効果

思考停止技術みたいな物も身につけるべきだと思う。いかに眼をつむるか(笑)

悩みは慢性化するというか、永久に悩んでいられる自信がある。

大半は、ただループしてるだけなんだけど

ちょっとでも行動起こせば、認識が変わる

まぁそんな事は分かってて、好きで悩んでるんだけどね

 

美しい精神でありたいとタイトルに書いたけど、美しい精神ってどんな精神だろうな

白いのか青いのか。外見に変化は出るのか

人前では気難しくて面倒くさい部分は出さずにいたいとは一応思ってるけど

退屈しちゃったらもうアウトだよね。帰ってこれない

 

絶対的に美しい精神というのは無くて、人と人との相性だけがある気もする

オーラなんか見えないし。もし見えてたら、感情が通じ合うなら、そもそも会話がいらないのでは。それもそれで退屈(?)

欲望にも「美しい欲望」と「汚い欲望」があるかもしれない

「プライドの高さ」は格好いいけど、「面倒臭さ」と両立するかも。周囲からすれば

基準を自分にしか置けないから、なんともね。美しい人としか付き合わないというなら、それは差別でしょ。でも万人と仲良くやれる人なんて激レア

大なり小なり、みんな人を選んでると思うよ。じゃあ差別しない人?

うーんそれはしっくりこないなぁ。うまく言えないけど

とりあえずこの辺で今日はやめておく

2月→3月

2月

結局音楽は上げれてないけど、制作自体は好調

ボーカルがだるくて、8割くらいの時に「次行こう次」とやっているから

いつまでも上がらない

もうそれなら後でまとめてミックスしようかって所。予定変更だけど

アルバム自体は後2曲作れば終わる所まで行ってる。半分以上はもう終わってる

 

3月

特に変わったことする予定は無し(笑)

2月と一緒。華麗なる現状維持でお願いします

アルバムは4月までかかりそうかな。それ終われば生活チューニング編が始まる予定

6割くらいの確率で

 

生活と仕事

特に書く事も無いのでツイッターからネタ拾ってうだうだ

 

これ、すげー分かる。若いからw

仕事に生活を合わせていくか、生活から仕事を考えるかの違いって事だけど

俺も生活から考えてる。金はいいから、時間をまずくれよって感じ

音楽に限らず「ふわっとクリエイティブな生活」がしたいからw

30年おんなじ仕事を続けられる人の方が、よっぽど狂気だと思うよ俺は

どんだけ好きなんだよっていう。それは皮肉だけど

 

過去記事