伊丹せいやのキャッチーで寝不足

伊丹せいやのキャッチーで寝不足

1stアルバム「げんげえむ」リリースしました

2018 6月→7月 着地(引越し)

 

引越し

引越し完了した。ここ2,3年ずっと頭にあったし、音楽を優先して生活を放置してたんだけど、ようやく。

家賃の安さを何より優先したせいで、中々しぶい部屋にたどり着いた

ビジネスホテルの一室みたいな。最低限あればいいんでしょう?的な趣きを感じられるよね

ま、まぁいいでしょう。どーせ誰も呼ばないしw

どこに引っ越したか?

秘密。

じゃあ書くなよ!って話だけど、レペゼン趣味はあまり無いからね。答えになってない?

少しだけ地形が高くなって、少しだけトトロに会えそうな確率が上がった。

俺は爽やかになってないけど、場所だけは爽やかになった

荷物減らそう

荷物多くないほうだと思うんだけど、それでもすごく面倒くさかった

まだまだ減らしてこう。身軽さは気軽さ。

本が多いんだよ。売っても売っても減らないし、頭にも残ってないしw

一体誰が何のために買ってるんだろう・・・?

電子化したいのはやまやまだけど、電子書籍はあれよね。中古とかが無いから

スマホでも見れるけど、結局見なくなったなー

あとノートも多い。謎。考え事はいつも紙に書いてるから

それは読み返さないんだけど、捨てにくい。これも電子ノート導入しよう。

いつになるやら。あとPCもノートにしたい

フラクタル

連投した

www.nicovideo.jp

www.nicovideo.jp

跳ね返りを見るぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ

歌詞どおり跳ね返り(反応)を見てるんだけど、良いとも悪いとも言えず

このアカウントはリアルでも何人か知っていて

コメントとかは全部身内がしてる説が俺の中であるんだけどw

まぁそれはいいや

 

これからの力

生活費はダウン。楽になった。

これからどうしたもんかね。色々と可能性を机の上に並べてるんだけど

何でも出来そうって思うことは、まだまだ自分に幻想を抱いてる証拠だよね

手をつけない限りは、それはずっと輝いて見える

やればやるほど現実は浮き彫りになってくる。だから達人ほど謙虚なんでしょ。多分ね

 

何をするかは、まだここには書かない。事後報告スタイルで

 

 

itamiseiya.hatenablog.jp

 

 

 

2018.6.17 持たない幸福論

phaさんの「持たない幸福論」を読んだ

時間は人を哲学者にさせるね、間違いない

 

 

俺の今の暮らしと、結果としては近いかも知れないけど

考え方は少し違うな、と。

それに「作家」として名乗ってないだけで、phaさん稼いでるだろうし(笑)

行動力も発信力もケタ違いだしね

読みやすいのに、考えさせれるという文章を書く、さりげない名人芸
twitter.com

 

さっき言った違う部分っていうのは

phaさんインターネットが好きって言ってたけど、俺はそこまでじゃない事と

これと繋がっているかも知れないけど

人間は寂しいからどうしても群れたがるっていう点。だからphaさんみたいにシェアハウスを運営しようとか、そっち方面には行かないなー

俺はツイッターもブログも熱心じゃない。秘密主義というか、あんまりオープンになれない

オープンになった方が良いかなーと何度も思ったけど、全然続かないっていう

Twitterは才能説」を唱えてるから。今作ったけど

 

でもこうやって本とか読んで、自分で考えて、実践する生き方に全力で賛同する。

かっこいいと思うのはそういう人。あとがきを、少し引用して終わります

 

この本は、本で得られる知識と、僕の怠惰な生活と、お金がなくてもいろんなことをやっていく具体例みたいなものの三つを、シームレスに繋げて混ぜ合わせて、できるだけ読みやすい文章で説明してみた、という感じだろうか。(P184)

 

 

 

5月→6月 着地したい

5月 夜勤終了

一ヶ月間だけのバイトはさっき終了した。

なんか1年たてば、完全に忘れそう。それくらい印象がない

でも「終わりが決まっている」というのは良いね

いつ終わるか分からない物っていうのは地獄だよ。ゴールのないマラソン。出口の無いトンネル。流れないウンコ(違うか)

「いつまで続けるのか」と思ってる限り、それはいつまでも続いてしまう

まぁそれが好きな事ならいいんだけど

 

6月 着地したい

とりあえず着地したい。バタバタ。

 

アルバムは上げる。今から全力でまとめる

2日に一曲くらいのペースでニコニコに上げる。前半の内に

CDは作る予定なし。最初はそのつもりだったけど

なんか作っても無駄感が凄い。

記念に・・・ということなら良いけど、それだったら早く次行きたい。

でもPVはひとつ作る予定。いつになるかは知らない

 

ちょっと考えてる事を整理すると・・・。

売店やレーベルは流通や宣伝を担ってる。その代わり売り上げを分け合う

だから一番いいのは直接つながる事だけど

0から初めても誰も興味を持ってくれない

Youtubeやニコニコは市場を提供してくれるけど、還元率は低い。競争も凄い

「音楽はYoutubeのみ」という人は、そりゃ増えてるだろうけど絶対数としては少ない(はず)

ストリーミングは宣伝機能がまだ弱い。あれは新規開拓とかする場所では無い気がする

サンクラとかって今どーなんだろうね。

だから、いまから新しく音楽を聴こう探そうとする人はまずどこを当たるんだって話

リーチすべき場所が全然分からんし、SNSやブログは俺駄目だ。向いてない

向いてないと感じてもやるか、あきらめるか

 

話がそれた。

その話はひとまず置いて、今は生活を着地させたい

引越しする前提ではいる。いるけども・・・まだしない可能性も残ってる。

でも一ヶ月集中して働いたから、とりあえず引越し分のお金は溜まった

権利だけは手に入れた。経済上の

新しい生活のイメージもある。それは楽しみなんだけど、全ては着地してリズムが安定してから。6月はそれだけ。アルバムとね

2018.5.21 無編集

創作物を他人に見せるということは、多かれ少なかれ編集する

もしくは意識が入る

編集は好きだけど、編集しようという意識で何かをするのは楽しくない

好きにやってから、後で編集するのか

編集、というか構想か。最初から他人を意識して何かを作るのかの違い

どちらかといえば後者寄りだったから、前者を試してみたいんだけど

問題はどうやって他人を意識から消すか

 

もし世界に俺一人だけ住んでいたら、多分裸で外を歩くよね。寒かったら服着るけど

5月14日

5月もあと半分。万年5月病だから、もう人生病だねッ(੭ु ›ω‹ )

 

俺史上もっともゆるいバイト先にいる

残業ないよと面接官に言われ、朝の占い位には信じてなかったけど

残業がないどころか、1時間早く終わるのがデフォで後は時間までヒマをぶっこくという。ありがたい。つか普通か。

 

森博嗣さんの本ばかり読んでる。主にエッセイ

ずっと考えていること、もやもやしてる部分をつつかれる感覚がある

創作の、オリジナリティとかそういう部分においてこの人の言うことが

何か大きなヒントになりそうな予感がずっとしている。から読むんだけど

肝心なところで逃げていく感じ

あまり気にしすぎる事は無い、「個性幻想」とは思ってるけど

個性とは何か、みたいな疑問から入ると何も作れない

 

もうちょい先の話になる。今はミックスはやるけど、曲は作ってないので

いくらでも影響受けて良い時期。たぶん。