伊丹せいやのキャッチーで寝不足

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊丹せいやのキャッチーで寝不足

1stアルバム「げんげえむ」リリースしました

確信犯的アーティスト

確信犯とそうでない人の違い

俺のものすごーい狭い定義、てか定理を言えば、それは「本を書いてるかどうか」

それは何故かって自分のやってる事が言語化できてるから

だから俺クリエイターの人の本をよく読みます。音楽に限らず

そうすると、みんなちゃんと考えて作ってる事が分かる。当たり前なんだけど

「才能」という言葉で終わらせてもらっても、こっちは困るからな!

 

僕等は言葉を使ってモノを考える訳で、 それは創作の時も同じ

実は言葉を磨く事は思考を磨く事でもある訳です。概念上、ですが

日本のミュージシャンで言ったら細野晴臣さん、星野源さん

菊池成孔さん、いとうせいこうさんとか

てか、探せばみんな意外と書いてるもんだけど

取り分け文章に積極的な感じがする人達

 

文学だと森博嗣さんとか。でもエッセイが多いのかな

まぁ、文学は言葉を言葉で表現するので(何言ってるんだろう)

取り分け、小説以外の文章を書く人が多い気がする。主観だけど

 

美術からは岡本太郎さんとか

映画だと押井守さんとか書きまくってる

創作物を大して知らないのに

そこまでファンじゃない人の本読んだりするからな俺

大人のアーティスト

僕たちは大人です

あざとい事は生存戦略のひとつ

 

岡本太郎さんは著作「今日の芸術」の中で

「子供の芸術は美しいが、しかし無邪気だ。大人が社会と戦うからその価値があるんだ」と言ってた気がします。ごめんなさい本が手元にありませんのでうろ覚えです

 

僕等は何もかも分かった上で、表現しないと

知ってて知らない振りをしないと

俺もこうしてブログ書いてます

 

でも俺はブランディングみたいなものが嫌い

嫌い、てか出来ない。ホントに分からない

こればかりは助言を乞いたい

 

アートコーナー

f:id:itamiseiya:20170404173825p:plain

ダウンロードはこちらから

サイケな渦巻き1 - ニコニ・コモンズ

 

サイケ続きで

渦巻きは「極座標変換」で簡単に作れる

 

関連記事

itamiseiya.hatenablog.jp