伊丹せいやのキャッチーで寝不足

伊丹せいやのキャッチーで寝不足

1stアルバム「げんげえむ」リリースしました

リフ作りについて考えよう

これそうだよなーと思った
戒めとして留めつつ、リフ作りについてみんなが考えつきそうな事を書いていきたい

・コード割り
コードチェンジを増やすとそれだけでトップノートの動きが増えるので
自然とフレーズっぽくなる気がする

アルペジオ
基本。ただ規則的に並べても伴奏になるので
リズムパターンや音並びに変化をつける

変拍子
ドラムやベースまで変える必要は無くて
リフ楽器だけポリリズム的に考える

・チューニングを変えてみる
これはギターやベースに限った話
ジャンルに縛られず、何でも試す心構えが欲しい

・エフェクトを使う
ディレイはそれだけでも複雑に、しかも知的に聴こえるから好き
フレーズは凡庸でも、エフェクト次第で一個抜けるかも

・既にあるフレーズをいじる
例えばボーカルのメロディとかを抜いてきて変化させるとか

・変わったスケールを使う
名前も聞いたこと無いようなスケールを調べて使ってみる
エッセンスみたいにはなるけど

ツールを変える
ギター弾きだったらピアノを使うとか
ピアノロールで考えるのは個人的に好き

ざっと書いてみました。後で足せたら足していきます
慣れた楽器を使うと手癖の危険があるし、鼻歌でやれる人がうらやましい