伊丹せいやのキャッチーで寝不足

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊丹せいやのキャッチーで寝不足

1stアルバム「げんげえむ」リリースしました

夢なんて追わない方が良いけど、フツーに働くのも

超思考より

 

超思考 (幻冬舎文庫)

超思考 (幻冬舎文庫)

 

 

この人はリアリストだよなぁ

あれだけ成功してるのに不思議

半分は賛成するけど

「苦労しなきゃ駄目だ」的な事も言っていて、それはどうだろうな

もし子供がいたら、甘やかす気がする。まぁそんな事はどうでもいいや

 

  だいたい職業なんてものは、あんまり自分の気の進まないものを

選んだ方が上手くいくものだ。幸せになりたいなら、

やりたいことは趣味にしておいた方がいい

野球選手になって野球をやるより、草野球の方が楽しいに決まってる

 黒澤明監督が、本当は絵描きになりたかったという話は有名だけれど

本当に成功した人というのは、たいていそういうものだ

若い頃から映画監督になることしか考えてなかったなんて監督も中にはいるが

あんまりいい映画を撮っているとは思えない

映画が好きなあまりに、映画というものを客観的に見ることができなくなっているからだろう(P、79)

趣味とお金

音楽作ったりするのはケッコーだけど

そう、それで稼ごうとか考えちゃうとおかしくなっちゃうんだよな

出来るわけねぇだろうっていう(笑)

もう退けないからやるけども

大人しく趣味でやった方が良い

てかそっちの方が音楽も良くなる

邪念が無いから。もし楽しくなきゃ、やらなきゃいいだけだしね

遅いけど

 

フツーに働く?

でも、フツーに働けるなら良いけど

俺の場合はそれもキツい

俺が何にも出来ないことくらい、俺が一番知ってるよ

夢がいっぱいある

だから、時間を切り売りしてる場合だけでは無いのよ

メメントモリ

近道してるようで

結果的に遠回りしてるかもだけど、

そーいうのは結果論だし、考えたくない。無駄

とりあえずバイトやめてぇ

 

アートコーナー

f:id:itamiseiya:20170404183902p:plain

ダウンロードはこちらから

サイケなポスター - ニコニ・コモンズ

 

これ、種明かしするとココで作ったものを加工してます

手軽でおすすめ

Iterograph - An iterative drawing tool

1万再生以下はアウト。youtubeの仕様変更について

ちょっとだけ時事ネタを

 

gigazine.net

 

いや、これyoutube側も英断だったと思うけどな

だって1万以下を切るって事は、それだけ新規参入しづらくなるって事でしょ

ドラマ映画なら、ネットフリックスとか

音楽なら、スポティファイとかアップルミュージックに代表される

定額配信サービスがこれから伸びてきて

がっつり競合してくるこのタイミングで、ハードル上げるてっのはどーなんだろう?

肝心の広告が、そっちに流れる可能性を自分で高くしてるんじゃないの

って俺みたいな素人は思うけど

 

再生回数で区切るってのもどうかなぁ

でもこれをチャンネル登録人数とかにしても同じか。不正ってのは無くならないんだよ

確かに、映像が違法かどうかはBotとかには判断しづらそう

その辺の技術関連については全く知らんけど

違法アップロードが嫌なら、手動で巡回すればw(無茶振り)

 

俺自身のこと

youtubeは再生されないから、上げるのやめてたけど、

これからフリーBGMとか一曲毎に上げるつもりだったからな。結構先の予定だけど

やってみるけどね。収入だけがインセンティブじゃないし

そんな聖人や変人が多いとも思わんけど

総再生数1万ねぇ(←やっぱり気にしてる)

逆に言えば、youtube的なサービスをこれから作ろうとしてる人はチャンスかもね

 

急に書いたから、アートコーナーは無しで

後で付け足すかも

 

 

夢と戦略的なこと

残されてる時間のこと

人生の3分の1が睡眠

もう3分の1が仕事

そしてもう3分の1が生活+趣味的なモノ

この時間をいわゆるコンテンツ産業が奪い合ってる訳だけど、

そんな下らん商品や広告に振り回される必要はない

音楽作ってる俺が言うのも何だけど(笑)

この時間をどう使うかが、人生の全てといっても過言ではないし

 これは俺の悪いところでもあるけど

この時間をどういう風に使ってるかで、人を判断しがちな所ある

未来に生きるべき、では無いんだけど

今楽しくなきゃ、楽しくなれなきゃ将来も絶対楽しくねぇよ

それは気持ちの問題で、状況の問題じゃないし

それは分かってるけど、なんかね。まぁそんな事はどうでも良い

ルート的な

夢を目指すのは、まぁ色々ルートがあるにはあると思う

別に正社員がクソって言いたい訳じゃなく

他が安定してるからこそ、攻めた作品が作れるって事もある

やっぱり生活が安定しないとって強く思う。習慣型だし

あ、俺はフリーターで、絶賛悩走中だけど

 

でも残業ばかりしていたらそれどころじゃないよね。

でもそれが嫌だからって、良い職場を探した所で、見つかる保証はない

そうしてる内に時間は減ってく

 

学校とか通うのも選択肢

お金があるなら

俺は無い。借金もムリ。不自由そのもの

 

一回めちゃくちゃ働いて、お金貯めて 田舎に安い家を買っちゃうとか

そうすればまぁ家賃は困らん。

何年かかるかは分からんし、食費とかはあるけど

 

リスクヘッジ・・・例えば資格とったり 貯金を残したり、家賃を下げとくとか

そーいうのを先にやっとくやり方

賢いやり方なんだろうけど、俺はほとんどしてない

だから、いざとなってもどうしようもない

いざとなるしかない(笑)

退路なんてないですよ

 

実家暮らし・・・一人暮らしも出来ない奴が音楽で独立できるわけないですよ

つーわけで無し

ホントにまずくなったら流石に帰るけど

 

色々書いたけど、結局シンプルな結論にしかならない

作るだけ。手を動かし続けるしかない

 

アートコーナー

f:id:itamiseiya:20170404180400p:plain

ダウンロードはこちらから

サイケな模様 - ニコニ・コモンズ

 

これはちょっと微妙かな。ごめんなさいw

 

関連記事

 


 

確信犯的アーティスト

確信犯とそうでない人の違い

俺のものすごーい狭い定義、てか定理を言えば、それは「本を書いてるかどうか」

それは何故かって自分のやってる事が言語化できてるから

だから俺クリエイターの人の本をよく読みます。音楽に限らず

そうすると、みんなちゃんと考えて作ってる事が分かる。当たり前なんだけど

「才能」という言葉で終わらせてもらっても、こっちは困るからな!

 

僕等は言葉を使ってモノを考える訳で、 それは創作の時も同じ

実は言葉を磨く事は思考を磨く事でもある訳です。概念上、ですが

日本のミュージシャンで言ったら細野晴臣さん、星野源さん

菊池成孔さん、いとうせいこうさんとか

てか、探せばみんな意外と書いてるもんだけど

取り分け文章に積極的な感じがする人達

 

文学だと森博嗣さんとか。でもエッセイが多いのかな

まぁ、文学は言葉を言葉で表現するので(何言ってるんだろう)

取り分け、小説以外の文章を書く人が多い気がする。主観だけど

 

美術からは岡本太郎さんとか

映画だと押井守さんとか書きまくってる

創作物を大して知らないのに

そこまでファンじゃない人の本読んだりするからな俺

大人のアーティスト

僕たちは大人です

あざとい事は生存戦略のひとつ

 

岡本太郎さんは著作「今日の芸術」の中で

「子供の芸術は美しいが、しかし無邪気だ。大人が社会と戦うからその価値があるんだ」と言ってた気がします。ごめんなさい本が手元にありませんのでうろ覚えです

 

僕等は何もかも分かった上で、表現しないと

知ってて知らない振りをしないと

俺もこうしてブログ書いてます

 

でも俺はブランディングみたいなものが嫌い

嫌い、てか出来ない。ホントに分からない

こればかりは助言を乞いたい

 

アートコーナー

f:id:itamiseiya:20170404173825p:plain

ダウンロードはこちらから

サイケな渦巻き1 - ニコニ・コモンズ

 

サイケ続きで

渦巻きは「極座標変換」で簡単に作れる

 

関連記事

itamiseiya.hatenablog.jp

 

キキとシズク

自分を捨てる仕事術

この本は超絶面白かったし、今読めて良かったと思ってる

下らんこだわりから捨てていこう

自分を捨てる仕事術-鈴木敏夫が教えた「真似」と「整理整頓」のメソッド-

自分を捨てる仕事術-鈴木敏夫が教えた「真似」と「整理整頓」のメソッド-

 

 

 

キキとシズク

鈴木敏夫氏、ジブリのキャラに例えて人生観を語る「人間には2つの生き方がある」

 

キキが好きか、雫が好きかで人間は分かれる。キキは、自分の持ち物である魔法をつかって仕事をしようとする。雫は「小説になろう」と思って、行動する。

 

 これも自分の中にずっとあるテーマで

今の所は半分半分くらいで動いてるつもり

3ヶ月位の単位で目標を立ててやってるけど

1年の半分くらいは流れるように、流されるように生きたい

あくまで気持ちの話だけど。実際は知らん

強風が吹いた時に、太くて動かないような木よりも

細くて「しなる」木の方が実は折れにくいって話あったよな。イソップ童話かな

 

シズク型はつまらん気がするんだよな

偶然味にかけるし、想定外に弱いし、目標にこだわって実はチャンスを逃してたりね

キキ型は、面白いかもだけど、どこに行くか分からんのよね

それはそれで嫌な自分もいる。管理できない感じが

だから半分半分

いつでも変更が利く計画型というか

行動しながら計画を立てていくというか。 イメージだけど

チャンスがあればいつでも行きたい。孤独にやってると中々ないけどな

中途半端と言うと聞こえが悪いかもだけど、バランスが取れているという事でもある

 

 

素直になりたい

なんというか、もっと素直になれたらいいよね。無理だけど

あらゆる事を疑いまくってるし

素直で何でも吸収できる人が、一番楽しいと思う

桜木花道的な

信じてる方が、疑ってるより絶対に格好良いよ

例え騙されたり、裏切られたとしても

 

アートコーナー

f:id:itamiseiya:20170404165034p:plain

ダウンロードはこちらから出来ます

http://commons.nicovideo.jp/material/nc157128

 

サイケデリックがどうしようもなく好き。何でかは分からないけど

しばらくサイケやってます

100人中99人が嫌いでも、俺は好き

これ、こう見えてケッコー手順が多い。(どう見えてるんだ)

だからじゃないけど、割に気に入ってる

 

関連記事

itamiseiya.hatenablog.jp