伊丹せいやのキャッチーで寝不足

伊丹せいやのキャッチーで寝不足

1stアルバム「げんげえむ」リリースしました

1月→2月

何か長く感じたな

アルバム作りと断捨離がメイン

音楽作ってても、全然自分の曲が見えてこなかったけど

何となく、ホントに微妙にだけど見えてきた

駄目だったらまた旅に出るだけ

次のアルバムからになると思うから、いつの話をしているのか自分でも分からん

今回はまぁ、作るけど、作るとは思うけど。頑張りますけど本領は次からって事で

こんな感じで一生終えそうだな俺w

この前数えたら200曲は超えてた。何してんだか

でも、もう量を作る時期じゃないと思う。多分ね

 

クロスバイク買った。快適

車も取らないから、どのみち必要にはなりそうだし

もし田舎に住むことになっても、自転車1本て過ごせるようにw

きついかな

 

2月はアルバム終わるし、たぶん断捨離も終わるし

どうしたもんかな。DTM(現実逃避)が終わると、また悩みの日々が来るよねw

このあいだ作曲環境をガラっと変えるために

みんなと同じ事しててもしゃーないって事で、PCを捨てようかなとか

一瞬真面目に考えたけどアホすぎてやめたよね

結局ハードを色々買っちゃうだろうから、安上がりにはまずならん

今の環境に飽きてきたからハードウェアは欲しいんだけど。とは思ってるけど

 

毎年毎年やってれば、そんなに悪い結果にはならんはず

別に一発当てなくても、道はあるはず

パワー(時間)ゲームで行けるってのが俺の仮説

岡本太郎はうるさい

本を断捨離中

だから売るために読んでるみたいな感じ。速読気味だけどしゃーない

 

自分の運命に楯を突け (青春文庫)

自分の運命に楯を突け (青春文庫)

 

 

凄くうるさいよね

ノイズ。無視しようとしても無視できない

 

そもそも、成功しようとして成功したら

決着がついたというだけで、生命感みたいな物が溢れてこないじゃないか

 

 

そりゃーそうでしょ。成功ってそういう物やん?(してないけど)

計画とか戦略を立てがちだから、こういう言葉はとても耳に障ってくる

それで何も起こらなかったら、それこそピエロだよね

「ピエロで良いじゃないか」、でしょ

 

売れる絵を描こうとしたら買う人のレベルに合わせないといけない

でも僕は本物の芸術は時代を超えたもので

好かれる芸術は本物じゃないという信念を持っている

 

本質的で無い事は、みんな百も承知なんだよ

広告。広告だらけ。音楽も広告。私を見てください。化粧も上手。白。白。白

うんざりだけど、それでバランスを取ってるのが社会なんだから

どうしようも無い事は言わないで欲しいよね

 

瞬間瞬間に燃えて「聴く者にぶつかって挑む音」で

構成された音楽があってもいいじゃないか

 

そんな音楽があるなら俺も聴いてみたいわ

 

 

芸術起業論

芸術起業論

 

 こっちは最近読んだわけじゃないけど

戦略、商品としての芸術が書かれている。対極っちゃ対極に近い

計画を立てた所でうまくいく訳じゃないから、これもこれでうるさいよね

 

結論:俺は半端

まぁほとんどの人は、そういう中間に生きてると思う

どちらにしろ必要なものは「突き抜ける、徹する、貫く」事なんだろうけど

俺が最近思うのは、中間のままで突き抜けられる方法は無いかなって事

何言ってんだって話だけど

戦うより、楽しさ、面白さを選びたい

一月の折り返し

いつまでも不安だけど

ちょっとだけ楽な気持ちになれた一節が

 

HELP!―最強知的“お助け”本

HELP!―最強知的“お助け”本

 

 

「もう一方の隠された喜びというのは、

満足感があまりに淡白な味であるのに対し。

不安や心配はずっと刺激的である、という事です

「彼女は不安や恐怖の虜になった」とは言っても、

「満足感の虜になった」とは言わないでしょう

しかし幸いな事に心配性の人は他の誰よりも頭が切れ、独創的でもあります

というのも、不安や心配を心に想起するには、かなりの想像力が必要ですからね

 

 

巷に溢れてる例えば「感謝をしろ」とか「目標を持て」とかの自己啓発

待ったをかける趣旨の本なんだけど、タイトル通り知的で面白かった。読みやすいし

まぁ時には問題がより複雑に感じたりもするけどw

 

心配してる状態の方が、実は心地良いとかいう最強の矛盾

無理に消そうとする必要も無い。

今年はラクに行きたい。ブログ書くゆとりがある位にはw

徐々にテンションも上がってきた

 

散漫

散漫な状態が続いてる。物事に集中できない。いつもだけど

ちょっと年末年始にまったりしすぎたか。おじゃる丸かよ

 

こないだ友達の誕生日だった。5年は会ってないけどw

絶対そいつしか反応してこないような事をラインのタイムラインに書いて

もし反応してきたら「誕生日おめでとう」を言い

反応なかったらそのまま言わないとかいう

超まわりくどくてキモい事をしたら

まさかの反応が来て、おめでとうを言えたっていう

1月の良い事はそれだけw

友達というか憧れと言うか、よく分からん関係。俺の中では大きい存在

 

ぼちぼちやっていこう。もうちょいギア上げて

天才に会いたい

明け

年末年始は実家に帰ってた。

ここのところ、奇襲みたいな帰り方しかしてなかったからな

すごいまったり出来た気がする。敢えて何も考えないようにしてたし

そして何故か紅白をすげー真面目に見てた

ネットのせいかゴシップ関連に随分詳しくなってた事に気付く。なんてこったい

2016年の紅白は、色んな文脈があって面白かった気がするけど

俺がただ単にゴシップに振り回されてただけか

今年は無駄な情報入れないようにしたい

 

あと1年、あと1年と言い続けて何年だろう

Nothing's gonna change my world

あけましておめでとうございます